従来、日本では電力の供給は限定された企業によってのみ行われていました。更にその企業の管轄する地域と言うのもあらかじめ、決定されていたため、利用者が電力会社を選ぶのは不可能で、当然、契約できるサービス内容も限定されたものでした。
ですが2016年の4月からは、電力販売市場に様々な企業が参入することが認められるようになり、これが電力自由化です。この結果、まず利用者は自分が好きな電力会社を選択し、契約できるようになりました。また市場に競争原理が発生したことで、利用者が選択できるサービスの多様化し、それにより様々なメリットを得られる可能性も生まれました。
ちなみに自由化されたのは、あくまで電力販売部分に関してのみです。電力供給部分は従来の企業が継続して行うので、契約する業者により供給に差が出ると言うことはありません。

そもそも電力自由化におけるシミュレーションとはどんな内容か

電力会社を変更したいと言う場合、従来、契約していた電力会社に連絡する必要はありません。ただし新たに契約したい会社に連絡をすることは必要です。ですから事前に、新たに契約する会社を決めておくことが求められます。
その際、会社の選択に役立つのが、シミュレーションサービスです。具体的にどのような内容なのかと言うと、どの会社を選択するのが最適なのかを、様々なデータに基づいて探し出すことができると言う内容です。
たとえば最も安い会社を見つけたいと言う場合は、様々な会社の、様々なサービスプランを比較します。あるいは、家庭の使用電力に合わせた電力会社を選択したいと言う場合には、家庭の使用電力をもとにし、その推移などを予測したうえで、最適な会社を見つけ出すことができると言った内容です。

どんなメリットが電力自由化のシミュレーションにはあるのか

これを利用することのメリットですが、まずは会社を絞り込むことができると言う点が挙げられます。電力販売市場に新たに参入した企業は非常に多く、それらのサービス内容すべてを個人で把握、比較するのはとても難しいことです。
しかしこのサービスを利用すれば、情報の把握、比較が行われることで、選択すべき会社の数がある程度にまで絞り込むことができます。そのため実際に会社と契約するまでの流れを、非常にスムーズにすることが期待できます。勿論、気になる会社があると言う場合は、その会社を基本として他の会社と比較することも可能です。
それからもうひとつは、契約変更をするのが適切なのかどうか、それがお得なのかどうかと言ったことの判断にも役立つと言う点です。契約変更によって電気料金が安くなるかどうかは、使用する電力、契約するプランによって変わってきます。契約した後に、実は従来の契約の方が安かったと気が付くことを防ぐためにも、やはりこのサービスの利用は利点が多いと考えられます。